Let's健康クッキング

糖質オフを考える

糖質を知って、健康的な食生活に活かしましょう。
糖質=甘いもの、だけじゃない


3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質のうち、炭水化物は体のエネルギー源として重要な役割を果たします。その炭水化物から、エネルギーとしてほとんど利用できない食物繊維を除いたものが「糖質」で、ごはんやパン、麺、芋などに含まれる「でんぷん」や、砂糖や果物などに含まれる「糖」などを指します。「糖質」という名前のせいか“甘いもの”を思い浮かべがちですが、ほとんど味のない「でんぷんも糖質」ということを覚えておきましょう。

炭水化物や糖質について、詳しくはこちら

「糖質」が「脂肪」に変わる?

食べ物を消化・吸収すると、糖質は体内でぶどう糖に変わり、血液にのって体中に運ばれ、エネルギー源となります。余った分はグリコーゲンや中性脂肪などとなって体内に貯蔵されます。運動不足などでこの中性脂肪が消費されず、貯蔵量が必要以上のまま長く続くと、肥満のもとになるわけです。

現代人は糖質を摂り過ぎ?

現代の食卓には糖質を多く含む食品があふれています。ごはんやパン、麺類などはもとより、おやつのスイーツ、お酒好きなら晩酌のビールや日本酒など、つい糖質を摂り過ぎてしまいがちです。そして、その食べ方も、朝はおにぎりや菓子パンにジュース、昼は丼モノや麺類、おやつにチョコレートやお煎餅、夜はお酒、シメにラーメンなど‥‥、炭水化物ばかりを一気に摂取する傾向があります。 近年、そうした糖質の摂り方が、肥満や糖尿病につながることが示唆されており、主食の割合を減らしたり、芋類やでんぷんを多く含む食品を控えたりする「糖質制限食」を実行される方が増えているようです。

糖質オフのメリットは?


糖質は身体を動かす大切なエネルギー源ですが、使い切れなかった分は「中性脂肪」となって体内に貯蔵されます。ですから、糖質の摂取を控えることは、体脂肪の蓄積を抑え、肥満解消にもつながります。

血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです。糖質を摂取すると血糖値が上昇します。血糖値の急激な上昇や上がったままの状態が続くと様々な弊害を起こします。ですから、糖質の摂取を控えることで、食後に上がりがちな血糖値を低く抑えることが大切です。

カロリー制限食との違いは?

カロリー制限食とは、摂取するカロリーを抑えることで肥満を改善し、インスリンの効き目を良くすることを主な目的とした食事法です。糖尿病食としても長い実績があり、その効果も十分に認められています。これに対して「糖質制限食」は食後血糖値を低く抑えてインスリンの分泌量を少なくしようという食事法です。食事による血糖値の上昇を抑えるとともに、中性脂肪の蓄積を抑え、肥満改善の効果があるといわれています。

糖質オフの留意点は?

糖質制限にともなって、本来必要なエネルギーが足りなくなってしまったり、その分のエネルギーを特定の食品にのみ頼ることは、他の疾病リスクを高める可能性も示唆されています。糖質制限を行う場合は、その分のエネルギーや栄養素をしっかり摂るように心がけましょう。
また、事前に血糖値をはじめとする健康状態を検査し、体調にあった適切な食事をするようにしてください。すでに糖尿病の治療や投薬を受けている方は、必ず医師とご相談ください。