にしんの昆布巻き  このレシピで、こんだてをつくる
24kcal 1.8g

※ダイエット甘味料の糖質は含まれません。

砂糖より
9kcal
ダウン!

[10640]
投稿者:女子栄養大学

にしんの昆布巻き 

身欠きにしんを芯に使う昆布巻きは、時間と手間はかかりますが、じんわり広がるうま味は格別。時間のあるときに試してみませんか。

POINT昆布とごぼうで食物繊維がたっぷり。食物繊維には便秘を防いだり、血糖値やコレステロール値の上昇をゆるやかにするなどの働きがあります。
 

材料   4本・24切れ分 

身欠きにしん 2本(120g)
A 米のとぎ汁 4カップ
A 昆布 8cm
昆布(厚めのもの) 12cm×30cm長さのもの4枚(40g)
ごぼう 約30cm長さ4本(240g)
かんぴょう(乾) 10g
B だし(かつおだし) 3カップ
B しょうゆ 大さじ2
B 大さじ 2
 

四郡点数法

 

糖尿病食事療法のための
食品交換表

 
栄養成分1切れ(1/24量)分
たんぱく質 1.6g
脂質 0.9g
炭水化物 3.1g
カリウム 162mg
カルシウム 23mg
0.2mg
食物繊維 1.2g
塩分 0.4g
カテゴリ・ジャンル
その他 副菜 和風 淡色野菜 根菜 海藻
 
調理時間
40
(身欠きにしんをもどす時間、昆布巻きを煮る時間は除く。)

作り方 (4本・24切れ分 )

身欠きにしんはAを合わせた中に丸1日~2日漬けてもどす。
厚めの昆布はさっと洗い、Bのだしに1時間ほど浸してもどす。
ごぼうは皮をこそげて長さを半分に切り、5分ほど下ゆでする。かんぴょうは水に5分ほどつけてからよくもみ洗いをし、沸騰湯で約5分ゆで、ざるに上げる。
もどしたにしんは水でぬめりなどを洗い落とし、ひれなどを除く。長さを半分に切り、身幅が厚めなら半分にする。
2の昆布の水けをふき、手前ににしんとごぼうを2切れずつのせ、くるくると巻く。2~3か所をかんぴょうで巻いて結ぶ(煮るとふくらむのでややゆるめに結ぶ)。
なべにBを入れて昆布巻きを並べ入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、落としぶたをしてことことと4時間ほど煮る。途中で水がなくなってきたら適宜補う。最後は火を強めて、汁を煮詰めてからめるようにして煮上げる。
食べやすい大きさに切って器に盛る。
MEMO 圧力鍋で煮る場合は、沸騰後20分ほど加圧し、自然放置します。
携帯へこのレシピを送る

レシピの内容をメールで送信します。
メールアドレスを入力して【送信】ボタンを押してください。

メールアドレス:
タイトル: にしんの昆布巻き 【浅田飴】シュガーカット レシピ倶楽部
本文:
PCへこのレシピを送る

レシピの内容をメールで送信します。
メールアドレスを入力して【送信】ボタンを押してください。

メールアドレス:
タイトル: にしんの昆布巻き 【浅田飴】シュガーカット レシピ倶楽部
本文: