商品情報

シュガーカットの歴史

第一話 シュガーカットの誕生

日本は戦後の栄養不足の時代を終え、飽食の時代へと突入していた1960年代。人々の食への探究心はますます深くなるばかりでした。さらに1970年代に入るとハンバーガーチェーンやファミリーレストランなどに代表されるファーストフード店が登場します。
人々が食生活で豊かさや便利さを求めはじめたこの頃、当時の株式会社堀内伊太郎商店(現:株式会社浅田飴)社長・三代目堀内伊太郎は「食の欧米化で日本人は糖尿病や肥満症で悩む日が来るだろう・・・」と危惧していました。

  • ・国民の食生活に「甘み」は欠かせない・・・
  • ・でも砂糖の摂りすぎは体には良くない・・・
  • ・健康と甘みの両立を実現したい・・・
 

一見、相反するかに見える「健康」と「甘み」に着目し、その両立を目指して1973年(昭和48年)に“砂糖0の甘さ”を謳った『シュガーカット』を発売しました。
発売から3年が経過した1976年(昭和51年)に厚生省(現:厚生労働省)より特殊栄養食品(病者用食品)※の許可を受けます。これ以降『シュガーカット』は “低カロリー食品”を名乗ることとなり、国民の健康志向の後押しもあり日本の低カロリー甘味料市場を牽引していくことになります。
※1996年(平成8年)の栄養改善法改正を受けて、それまでの特殊栄養食品から特別用途食品に呼称が変更した。

 

第二話 パイオニアから定番と呼ばれる時代へ

1980年代に入ると糖尿病や肥満症などの生活習慣病患者の増加が問題視されるようになるとともに、「シュガーカット」以外にも様々な低カロリー甘味料が店頭に並ぶようになりました。
「シュガーカット」の発売から10年を経た1983年(昭和58年)には、従来粉末化が困難とされていた還元麦芽糖水飴を、特殊製法により粉末化のうえ製品化した「シュガーカット粉末」を発売。シュガーカットブランドを確固たるものにしていきます。
この年、製造量は年間300万本を超え、まさに「低カロリー甘味料の定番」と呼ばれる時代が到来しました。

21世紀を間近に控えた発売21年目の1993年(平成5年)頃には、累計5000万本以上ものシュガーカットが受け入れられるまでに成長しました。
そしてこのまま、近年の「ゼロ」ブームに乗ってずっと変わらずに・・・と思いきや、2009年、「低カロリー食品」に関わる制度改正によって、シュガーカットに転機がおとずれます。

 

第三話 37年目の進化

ダイエットブームやメタボ健診などによって「低カロリー食品」への関心がますます高まる中、2009年4月、「低カロリー食品」はこれまでのように糖尿病や肥満症の患者様だけでなく、広く一般的に使用されているという現状を踏まえ、「健康増進法」が改正されます。
これによって「シュガーカット」をはじめとした「低カロリー食品」は長年掲げてきた「特別用途食品」の枠組みから外れることになったのです。
しかしながらこれを機に、今までご愛用いただいていた方はもちろん、初めて使う方にも、砂糖の代わりに日常的にお使いいただけるよう、「シュガーカット」を進化させることに致しました。
2009年3月にはシュガーカットブランドサイトを開設。今までご要望の多かったレシピや、使い方に関する情報発信をスタートしました。
さらに2009年9月、今まで課題とされてきた「サッカリン」による苦味をなくすべく、砂糖からつくられ砂糖に近い甘さをもつ「スクラロース」を採用することで、発売当初の「砂糖ゼロの甘さ」からさらにおいしく「砂糖ゼロでも砂糖の甘さ」へと進化を遂げ、「シュガーカットS」としてリニューアルしました。
もちろん、カロリーや使用方法などは今までと変わりません。ダイエット中の方、健康維持を心がけている方をはじめ、カロリーや糖分を制限されている方にも引き続きオススメしております。

 

最終話 これからも変わらぬ想い

多くの方が一度は見たことのあるシュガーカット。なぜ、これほどまでにたくさんのお客様に浸透したのでしょうか?
発売して間もなく、その良さに目を付けていただいたのが、全国の医療機関の先生方です。糖尿病・肥満症の患者さんを中心にシュガーカットを広めていただきました。一度手にしていただいたお客様の信頼に答えるべく続けてきた確かな品質管理は今も続いています。
そして近年、生活習慣病、とりわけ糖尿病患者は増加の一途をたどっています。予備群まで含めるとその数は2,210万人※にのぼると言われ、日本人男性の約30%が肥満という調査結果も報告されており、今後ますますダイエット甘味料のニーズは高まっていくでしょう。
シュガーカットシリーズは、これかもたくさんのお客様に愛され続けるために、品質はもちろん、時代に即した「甘さ」と「機能」を追求し続けます。2012年3月には「シュガーカットゼロ」を発売。「シュガーカットS」のおいしさはそのままに、カロリーゼロ、糖類ゼロを実現しました。これに伴いフルリニューアルした本サイト「シュガーカットレシピ倶楽部」では“おいしい・ヘルシー・低カロリー”な料理レシピを通じて、健康な食生活をどんどん提案してまいります。

『ずっとあなたの健康に気を配りたい』
これからも変わらないシュガーカットのメッセージです。

※「平成19年国民健康・栄養調査結果の概要」(厚生労働省健康局総務課発表)より

 
シュガーカット研究所 シュガーカットの歴史 シュガーカットトリビア なつかしのCM