Let's健康クッキング

ダイエットと糖尿病 | 糖尿病が気になり始めた方へ

早めの予防対策を心がけましょう
糖尿病とは?
多くは2型糖尿病

血液によって運ばれるブドウ糖(血糖)は、各細胞のエネルギー源となる大事なものです。血液中のブドウ糖濃度(血糖値)はすい臓から出るインスリンというホルモンによって調節されており、通常は食事をとると高くなってまた徐々に下がりますが、インスリンの分泌に支障が生じると血糖値が一定値より下がらないままになります。これが糖尿病です。
糖尿病は、大別するとインスリンを分泌できない1型糖尿病と、インスリンの分泌が低下したりその効き目が悪くなったりする2型糖尿病に分けられますが、9割以上は2型です。2型糖尿病は、遺伝因子に食べすぎや運動不足、肥満などが加わることで発症するとみられています。

血糖値が高いとなぜよくないの?

高血糖の状態が続くと、動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなります。また、毛細血管などにも障害がおよび、腎臓障害、網膜症、神経障害、歯周病、認知症などさまざまな病気を合併する危険も高くなります。こうした合併症を抱えている人も増え続けています。
治療は早めが肝心。もし健診などで血糖値が高いといわれたら、放置せずに医師に相談して血糖値の改善をはかり、進行を食い止めましょう。

食事のケアは
摂取カロリーと栄養バランスが大事

糖尿病を予防するための食事は、その人の体に必要なだけのカロリーをとり、栄養バランスを整えることが基本です。「四群点数法で栄養バランス管理」 「カロリーコントロールの知恵」「糖質オフを考える」を参考に、毎日の食生活に気を配りましょう。食事のケアに加えて、運動(体をよく動かすこと)、充分な睡眠、ストレス軽減も大事な予防ポイントです。

糖尿病食事療法のための食品交換表とは?

糖尿病と診断された人やその合併症のある人は、必ず医師と管理栄養士の食事療法指導に従ってください。中には、糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版(日本糖尿病学会編・著)による食事管理指導を受けている方もいるでしょう。
これは、糖尿病の食事療法を実践しやすくするために、一般社団法人日本糖尿病学会が考案した食事管理法です。食品を、主に含まれる栄養素別に6つの表と調味料に分類し、1単位=80kcalとして、各表の食品を決められた単位分ずつとると体に必要な栄養が整う仕組みです。同じ表の中の食品は自由に交換できることから「食品交換表」と名づけられています。
本サイトの料理には、この食品交換表の単位もご紹介していますので、お役立てください。

食品交換表の1単位=80kcalと、四群点数法による1点=80kcalとは、一部の食品で重量がやや異なります。また、食品の分類方法自体も異なります。食品交換表の詳細は「日本糖尿病学会編・著:糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」をお求めください。
社団法人 日本糖尿病学会ホームページ http://www.jds.or.jp/
日本糖尿病学会編・著「糖尿病食事療法のための食品交換表」に関する記載・記述部分については、一般社団法人日本糖尿病学会の引用許可を得ています。転用などを行う場合は必ず、該当する部分のデータあるいはプリントアウトを添付するなどして、同学会の許可を得てください。
出所:日本糖尿病学会編・著:糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版,12,13頁,日本糖尿病協会/文光堂,2013
GI値による食事コントロールとは?

GI(グリセミック・インデックス)値とは、食品が食後の血糖値を上げる度合いを示す「血糖上昇指数」です。
血糖値の上昇に最も影響を与える栄養素は、糖質(でんぷん、ブドウ糖、しょ糖(砂糖)、乳糖などの総称で、エネルギー源となるもの)ですが、糖質の多い食品でも、糖質の構造や種類、食物繊維の含有量などによって血糖値を上げる度合い(GI値)は異なります。たとえば白いごはんと玄米ごはんでは、玄米ごはんのほうがGI値は低い、つまり血糖値を上げにくいのです。
GI値の低い食材を選んで食べると、インスリンの分泌が少なくてすみ、血糖コントロールに有効であるという研究報告があり、注目されています。ただ、日本人に合ったGI値の検討や適切な利用法の検討など課題が多くあるようです。GI値ばかりにとらわれすぎて栄養バランスを崩すことのないよう注意も必要です。