乾燥するとのどが痛くなるのは何故でしょう?
のどの粘膜はうるおっていないと機能しにくくなると言われています。のどの粘膜には、細菌やウィルスがくっつかないように動きを良くして、のどの掃除をする働きがあり、洗浄・殺菌作用をもつ唾液が重要な働きを担っています。
ところが乾燥により唾液の量が減り、粘膜を覆う粘液が固まると、この粘膜の動きが悪くなり、細菌やウィルスが付着しやすくなるのです。結果的にのどに付着した細菌やウィルスがのどに炎症を引き起こし、痛みを感じてしまうというわけです。
乾燥する冬場には加湿器やマスクなどで口腔内のうるおいを保つとともに、のど飴などで唾液を十分に分泌させるのも、のどの痛みを予防するコツです。

 
 

のどのうるおいを保つ湿度は約60%と言われています。一方、クーラーや暖房などエアコンをつけた部屋の湿度は40~50%。冬場の外気の湿度は20%程度まで低くなります。
マスクはウィルスなどから直接のどを守るだけでなく、適度な湿度を与える重要な役割を果たします。マスクが苦手な方はマフラーを口元まで巻くことでも代用できますので、うまく活用しましょう。

 
 

部屋の乾燥を防ぐ上で、まず思い浮かぶのは加湿器ですね。ただ、和室などで加湿器を使用すると、障子やふすまなどがふにゃふにゃになってしまうことがあります。
このような場合は、コップや洗面器などに水を入れて置くだけで部屋全体を序々にうるおしてくれます。和室に限らず、オフィスなどでも活用できそうですね。また、濡れたタオルなどを部屋に掛けておくだけでも効果はあります。
睡眠時には、乾燥を感じて起きてしまった時のためにコップ1杯のお水を手の届く範囲に置いておくのも良いでしょう。
マスクを活用するのも効果的ですが、鼻まで覆ってしまうと息苦しくなってしまいますので、お口だけにマスクをかけてお休みになるのがポイントです。